フラクトオリゴ 効果

MENU

ビフィズス菌  (Bifidobacterium)
15種中7種増える
(増えない菌種は赤文字とする)

  • B.adolescentis ATCC 15705
  • B.adolescentis E 194
  • B.adolescentis E 298
  • B.adolescentis E 319  
  • B.adolescentis A 202〜16
  • B.adolescentis E 319
  • B.bifidum E 319
  • B.bifidum S 28
  • B.breve S 1
  • B.breve S 46
  • B.infantis S 12
  • B.infantis I-10-5
  • B.longum M 101−2
  • B.longum E 194  ぶどう糖より弱いが増える
  • B.longum S 3
  • B.parvulorum S 50

フラクトオリゴ糖によって増える乳酸菌

乳酸菌 (Lactobacillus)
11種中増える乳酸菌は0
(増えない菌種は赤文字とする)

  • L.acidophilus F 164
  • L.acidophilus ATCC 4356
  • L.acidophilus Omfl
  • L.plantarum 8136
  • L.casei 8138
  • L.fermentum 8137
  • L.fermentum KD-26-5
  • L.fermentum XZ cae
  • L.fermentum F 275
  • L.salivarius ATCC 11741
  • L.salivarius ATCC 11742

天然界に広く分布するフラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は天然界に広く分布し、ゴボウ、玉ねぎなどの高等植物に多く含まれています、

 

この糖は難消化性にあたる糖で、in vitro の利用性試験により、B.bifidumを除く
Bifidobacterium、 Bacteroides fragilis group, Peptostreptococcus, Klebsiella に良く利用されます。

 

ただ、Clostridium perfringens や E, coli には利用されないことが確認されています。

 

フラクトオリゴ糖の植物中の含量はわずかであるため、植物のみから必要量を得ることは難しく、
工業的にはスクロースを原料として、酵母やカビの産生する果糖転移酵素を用いて生産する方法が確立されています。

 

日高ら(1984)は健常人と高齢入院患者によるフラクトオリゴ糖摂取試験を行い、
1日1回8gを摂取することにより、糞便内のビフィズス菌数が約10倍に増加し、便性と血清脂質が改善された、と報告しています。

 

ビフィズス菌の菌数が10倍に増加するってすごいことですが、
1日1回8gって結構な量ですね・・・。