ラクチュロース 効果

MENU

ビフィズス菌  (Bifidobacterium)
15種中14種増える
(増えない菌種は赤文字とする)

  • B.adolescentis ATCC 15705
  • B.adolescentis E 194
  • B.adolescentis E 298
  • B.adolescentis E 319  増えない
  • B.adolescentis A 202〜16
  • B.adolescentis E 319
  • B.bifidum E 319
  • B.bifidum S 28
  • B.breve S 1
  • B.breve S 46
  • B.infantis S 12
  • B.infantis I-10-5
  • B.longum M 101−2
  • B.longum E 194
  • B.longum S 3
  • B.parvulorum S 50

ラクチュロースによって増える乳酸菌

乳酸菌 (Lactobacillus)
11種中10種増える
(増えない菌種は赤文字とする)

  • L.acidophilus F 164
  • L.acidophilus ATCC 4356
  • L.acidophilus Omfl
  • L.plantarum 8136
  • L.casei 8138
  • L.fermentum 8137
  • L.fermentum KD-26-5  増えない
  • L.fermentum XZ cae
  • L.fermentum F 275
  • L.salivarius ATCC 11741
  • L.salivarius ATCC 11742

あらゆるビフィズス菌の増殖因子としての特性をもつラクチュロース

乳糖をアルカリ性において処理するとアルカリ異性化反応が起こり、ラクチュロースが誘導されます。
この二多糖類は天然界には存在はしません。

 

ラクチュロースは Petuely(1957)によってビフィズス菌の増殖因子であることが見出されました。

 

ラクチュロースは小腸で消化吸収されないのでそのまま大腸に達するため、
Bifidobacterium の全菌種をはじめとする各種の腸内細菌に利用されると考えられています。

 

日高ら(1984)は in viro で腸内菌72株を用いて28種の多糖類の利用試験を行ったところ、
ラクチュロースは乳糖の資化性に近似しており、ほとんどの腸内細菌によく利用され、
利用しないのは Bacteroidesバクテロイデス では、B.melaninogenicus, Veillonella などの嫌気性球菌や
Clostridium difficile など、わずかな菌種、菌株であったという。

 

え〜っと、ここで気を付けて欲しいのは、腸内細菌という分野では、
腸内細菌を「乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、悪玉菌」というふうに分類することはないので、

 

文献の一部に「ラクチュロースは乳糖の資化性に近似しており、ほとんどの腸内細菌によく利用され・・・」とありますが、
これら腸内細菌には「乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌だけじゃなく悪玉菌も含まれている」ことを示しています。

 

ちなみに「乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、悪玉菌」という分類は、腸内細菌学者であり先駆者でもある 光岡 知足 によって、
一般の人に便宜上、伝えやすいことから使われ始めたものです。

 

当サイトも便宜上、「乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と悪玉菌」に分類しております。