細菌の力

MENU

細菌のとんでもない力

こんにちは。すっきりNAVI運営者の理恵と言います。

 

当ブログで度々出てくる有機酸ですが、腸内細菌という分野では短鎖脂肪酸と呼ばれています。

 

私は有機酸と呼ぶ理由はなんとなく愛着があるんですよね。

 

その理由は私は元々、土壌細菌(土壌微生物)専門でして

 

土壌細菌という分野では短鎖脂肪酸を有機酸っていうんですね。

 

 

 

有機酸の大切さを知ったキッカケは実はとある1人農家さんの依頼を受けたところから始まりました。

 

依頼の内容はというと「有害菌が蔓延した土壌や腐敗に傾いた堆肥を善玉菌優勢にすることは可能か?」といった内容です。

 

そこで、私は誰もが思いつく「悪玉菌が増え腐敗したものを改良するには善玉菌をたくさん入れれば良いのでは?」といった安易過ぎる手法を試みました。

 

これは今思えば、腸内環境が悪玉菌優勢になった腸内にヨーグルトを送り込むようなものですよね。

 

 

 

ところが腐敗したものに善玉菌をどれだけたくさん入れても改善出来ないのです。

 

 

 

むしろ善玉菌を入れれば入れる程、腐敗臭が凄まじくなりどんどん悪化していくのがハッキリと分かります。

 

 

 

「腐敗に傾いたものに善玉菌をたくさん入れれば改善する・・・」このような考えは、細菌のことを知らない人でも思いつきますよね。(当時私もでしたが)

 

でも、この誤った考えは、実は専門家さんの間でも未だに根強く浸透していますし、ネットを見れば誰もが「腸内環境を整えるならヨーグルトや食物繊維!」との情報を提供しています。

 

でも・・・。

 

これはあくまでも腸内環境が「善玉菌優勢」なら有効ですが、善玉菌より増殖力、生存力が強い悪玉菌が増えていると、

 

悪玉菌にエサを与えているようなものなんですね。

 

そして私が研究に試行錯誤の上、

 

腐敗したものを唯一改善出来たものは、

 

逐一説明してきた「有機酸」だったんですね

 

 

 

 

 

「これは!?私はもしや何か面白い発見をしたんじゃないの?」

 

それから細菌に少しずつのめり込んでいったのです。

 

 

農家さんの”細菌のパワーを取り込んだ無農薬野菜がすご過ぎて・・・

あなたは無農薬野菜ってどう思われますか?

  • 「無農薬なんだから虫に食べられていても当然」
  • 「無農薬なんだから多少見かけは悪いもの」

こう思われるかもしれません。

 

ところが、その植物にとって最適な土壌環境で育てると無農薬で栽培しても、

 

全く病気や虫を寄せつけず、めちゃくちゃキレイで内部から光っているように見えたりするんです。

 

蛍光色ってありますよね?本当にあれに近い色を放つようになります。(全てではありませんが)

 

私が知っている理想的な野菜はこんな野菜なのです。

 

いやいや、そんな野菜あるわけない・・・と思われるかもしれません。

 

日本ではほとんど見かけませんが、海外に行けば無農薬でも立派な野菜をよく見かけます。

 

でも、これから紹介する農家さんは海外の立派な野菜を遥かに凌ぐほどの完璧以上とも言える野菜を作っていたのです。

 

その野菜との出会いはとある農家さんから「この土壌の成分、分析してくれない?」と依頼を受けたことがキッカケでした。

 

その土壌の成分を調べてみると・・・。

 

私:「ええ!細菌とミネラルのバランスが完璧すぎ・・・だけどミネラルがCEC塩基飽和度90%超えてるから多過ぎるよ。この土に植物植えたら成長悪いんじゃない?」

 

(CEC=陽イオン交換容量といってその土がどれぐらいミネラルを保持出来るか?を表した数値)

 

農家さん:「それが、その土で育てている野菜は凄まじい量とれるんだ。無農薬でね」

 

わたし:「ええ、うっそっ!ちょっと見てみたいわ、その野菜・・・」

 

農家さん:「それをあんたに調べて欲しいのよ。どういうことなのか・・・」

 

・・・長くなるので途中経過、割愛・・・(ちなみに車で5時間かけて2人で県外へ・・・)

 

 

 

そして、ついに衝撃すぎる出会いが・・・(夫と出会った時より・・・笑)

 

その問題の農家さんはキュウリ、トマト、米を栽培されていました。

 

が、ハウスの中を見た途端、驚愕!

 

「えええええ???!キュウリが一節から5本ずつ鈴なり??!!」

 

「桃太郎(トマトの品種)が何で一節から6、7個もつけてるのに弱らないの」

 

ビックリしました!

 

普通、キュウリは葉の付け根の節と呼ばれるところから1本しかとれません。

 

トマトは6、7個もつけていったら勢いが無くなって収穫頭打ち必至!

 

でも最も驚いたのは、その農家さんの一言。

 

問題の農家さん:「うちのキュウリは収穫した節からまた生りだすよ。収穫は延々できる。しかも無農薬で・・・」(ドヤ)

 

そう、確かに収穫した節から再びキュウリが5本もなっていたのです!

 

 

 

マジですか!・・・植物が衰えるどころか逆に若返るってすごすぎ!

 

 

 

 

 

そしてさらに驚くことが!

 

なんと、この農家さん。

 

無農薬で通常の農家さんの3倍は優に収穫出来てしまう上に

 

その野菜の栄養価は1.5倍もありました!

 

さらに、アトピーやアレルギーの原因ともなる硝酸が0!

 

これまでどんなに出来の良い野菜を見ても硝酸が0など見たことがありません。

 

実際にアトピーやアレルギーだった人にその野菜を食べ続けさせたところ、

 

治ったそうです・・・

 

衝撃を受けたのはこれは細菌の力によるもので、

 

その農家さんは独自の発酵液を頻繁に土壌に与え続けたそうです。

 

私も調べてみましたが、糖を乳酸菌、酵母菌で発酵させたもので、

 

ph4.5の酸性で酸っぱい臭いが。

 

これにアミノ酸とミネラルを加えさらに海藻エキスを追加し熟成発酵させたものでした。

 

 

 

そして土壌を調べてみると、これまで見たこともないぐらいの菌がびっしりと付着。

 

この農家さん、とにかくとことん有用菌を増やすことを考え抜きこの結果をもたらしたとのこと・・・。

 

細菌が作り出す物質は非常に優れているのは知っていましたが、

 

まさかここまですごいとは・・・

 

 

 

「もしかしたら腸内細菌を私の味方にすればこの植物のように老化を防ぐようなすごいことが起きるかもしれない!!」

 

 

 

私は「自分の便秘をまず改善しなきゃ、なにも始まらない」とあきらめていた便秘を再び解消する決断をしました。

 

じつはわたしも15年以上、食物繊維やヨーグルトを食べても一向に改善せず、苦しんでいたのです。

 

1週間出ないこともありました。

 

土壌細菌スペシャリスト(自分で言う!?)であるにも関わらず、解消が出来なかったんです。

 

というのも、実はそれまで私も他の専門家と同じように土壌細菌と腸内細菌は全く別ものと思い込んでしまっていたからです。(言い訳です)

 

ところが、腸内細菌のことを知れば知る程、

 

「あれ?腸内細菌の性質って土壌細菌と同じじゃない!」ということに気が付いたのです。

 

しかも土壌細菌の研究の歴史は古く、腸内細菌と違ってかなりのところまで進んでいます。

  • どうすれば悪玉菌を減らせるか?
  • どういう条件であれば善玉菌が増えるのか?
  • どうしてヨーグルトを食べたら悪化したのか?
  • どうして食物繊維を食べてるのに解消出来ないのか?
  • 水溶性食物繊維を食べてるのにカチコチになるのは?

腸内細菌という分野では未だ明確にされていないことが、土壌細菌という分野ではハッキリと分かるのです。

 

これに気が付き、また多くの解消法の通説が誤りだったことを知りました。

 

(実は私の理論を取入れてブログで紹介されている専門家さんも結構いらっしゃいます。)そして体系化した解消法を実践したところ15年悩んでいた便秘がなんと一発で解消!

 

そんなこんなで作成したのがすっきりNAVIなのです。

 

しかも細菌の力を利用してダイエットも成功。

 

私が腸内細菌という分野にのめり込んでいったキッカケです?。

 

細菌の世界は本当に面白いですよ!


いかがでしょうか。

 

人間は植物より複雑なので、ここまで顕著に結果が出るとは思いませんが、

 

私は完全に細菌の秘められた力に取り憑かれてしまったんです?。

 

そしてここ最近、多数の研究者のおかげで腸内細菌がメディアで「どうやら腸内細菌は味方にすればすごいことが起きるらしい」とやっと騒がれるようになってきましたね。

 

細菌の凄まじい威力を植物という形でハッキリ見てきた私が、

 

このようにメデイアで腸内細菌のすごさが騒がれるたびに、

 

「ふふ?ん♪腸内細菌ってまだまだすごいのよ」なんて、我が子が褒められたようにドヤ顔になる私。(変態か?)

 

(別に私がほめられているわけではないけども)

 

このすっきりNAVIを通じて便秘解消はもちろん、

 

腸内細菌の魅力が少しでもあなたに伝えることが出来たら嬉しいです!

 

(未だにイラストなしで文字だらけのブログで申し分けないすが・・・)