悪玉菌 増える 原因

MENU

悪玉菌が増える原因は色々あるけどたった1つの方法で減らせます


さて、これから悪玉菌が増える原因を説明させて頂きますが、その前に悪玉菌の分類について触れておきたいと思います。

 

まずは悪玉菌の分類について

悪玉菌は主に2つに分類することが出来ます。

  • 短鎖脂肪酸の原料となる多糖類があれば有益な物質を産生してくれる「憎めない悪玉菌」

「憎めない悪玉菌」は日和見菌に属し、便中に多糖類が豊富にあれば短鎖脂肪酸、アミノ酸、ビタミンなどを産生するバクテロイデスや大腸菌などが該当します。しかし便中の「タンパク質」が「多糖類」よりも割合多くなるとアンモニアやインドール、スカトールなどの有害物質を産生します。

 

  • 短鎖脂肪酸の原料となる多糖類があっても有害物質を産生す「根っからの悪玉菌」

「根っからの悪玉菌」は便中に多糖類が豊富にあってもそれを原料に硫化水素などを産生するやっかいな悪玉菌。硫化水素産生菌が該当します。硫化水素産生菌は繁殖力は強くないものの一度増殖すれば、すべての食べ物をエサにヘドロを作り出すとても厄介な悪玉菌です。
食物繊維や水溶性食物繊維など便秘に効果的な食べ物を食べているにも関わらず便臭がひどいという場合、ほぼこの菌が利用している可能性ありです。
他には二次胆汁酸からガン促進物質を産生する酵素を持つクロストリジウムも有名ですが、便中に短鎖脂肪酸が産生されれば抑制される意外と根性のない悪玉菌です。クロストリジウムは乳酸菌と共に外部からやってきた悪性の菌を排除する菌もいます。

 

短鎖脂肪酸とか多糖類っていったい何なの?:

短鎖脂肪酸とは炭素数が6以下の有機酸を言うの。
酢酸や酪酸、プロピオン酸、ギ酸などの酸が該当するわ。
腸内菌の多くは便中に「ブドウ糖やガラクトース、果糖などの単糖類」が多数結合した「多糖類」と呼ばれる物質がタンパク質より割合多い場合に短鎖脂肪酸を産生するの。
逆にタンパク質が多い場合は、菌の増殖が著しく高まるけど、その分エネルギー源となる多糖類が必要となります。もし多糖類が無くなった場合はアミノ酸からエネルギーを獲得するようになりその過程でアンモニアが発生するようになってしまうわ。
多糖類には、不溶性食物繊維やデンプン、水溶性食物繊維、オリゴ糖(小糖類)などがあり、細菌の資化性は不溶性食物繊維<水溶性食物繊維<オリゴ糖となり「大腸に届く糖類の中では」オリゴ糖が最も短鎖脂肪酸の産生率も産生スピードも高いの。
短鎖脂肪酸は酸性を示すので事実上、悪玉菌を唯一抑制できる物質なのです。

 


じつは腸内には元々、「根本的に悪い菌」というのはほとんど棲みついていないってホント?:
私たちの腸内には元々、「抗体に認められた」菌しか棲みつけないシステムを備えています。
それ以外の菌は抗体に攻撃され死滅してしまうんですよ。
多糖類がたくさん含まれた食事をすると大抵の菌は短鎖脂肪酸という有益な有機酸を産生してくれます。
意外な事実に少々ビックリされたかもしれません。
(でも本当です)

 

悪玉菌といっても私たちの食事内容が悪いときにだけ有害物質を産生する菌がほとんど。
このような菌には日和見菌とか悪玉菌とか呼ばれている菌が該当します。
ここ最近になり「悪玉菌」「善玉菌」という分類には問題があるのでは?などと議論されるようになってきております。

 

このように私たちの腸内には「憎めない悪玉菌」と「根っからの悪玉菌」の2種類が常在しています。

 

それぞれの悪玉菌が増えるとどんな臭いになる

「憎めない悪玉菌」が有害物質を産生している場合こんな便臭がします:

産生する有害物質:
アンモニア・・・尿の臭い
インドール・・・大便臭
スカトール・・・大便臭

 

「根っからの悪玉菌」が増えている場合こんな便臭がします:

産生する有害物質:
硫化水素・・・ヘドロ臭、ドブ臭、硫黄、腐卵臭など。いずれも便色が黒っぽくなる。

 

 

 

ここのところを十分ご理解頂いた上でお読みくださいね。

 

「憎めない悪玉菌」はこんな時に悪さをします

「憎めない悪玉菌」は基本的に食事のバランスが悪いときにだけアンモニアなどの有害物質を産生します。

その主な原因は2つです。

 

  • タンパク質の摂りすぎ(多糖類と摂取バランスが悪いとときに有害物質の材料に)
  • 短鎖脂肪酸の原料となる多糖類の摂取が少ない
  •  

    どちらも短鎖脂肪酸の原料となる多糖類を摂取していないことが原因です。

     

    「憎めない悪玉菌」は食事のバランスさえ気を付けていれば全く気にすることはありません。

     

    問題は次の「根っからの悪玉菌」です。
    どんな食べ物からも有害物質を産生します。

     

    「根っからの悪玉菌」である硫化水素産生菌はこんな時に有害物質を産生し増えていきます

     

    根っからの悪玉菌は「腸内菌が短鎖脂肪酸を素早く作れない有機物」が大腸に多量に届いたときに有害物質を産生します

     

    • 消化器が弱まっている(消化不良を起こす)
    • 食事をよく噛まない(消化不良を起こす)
    • 糖分の摂りすぎ(胃の糖反射によって消化不良を起こす)
    • 自律神経の乱れ、ストレスなど(副交感神経が下がりすぎると消化不良を起こす)
    • 腹8分目をキープできない(消化不良を起こす)
    • 青汁や野菜ジュースを飲む
    • 野菜を”生で”たくさん食べる
    • 水溶性食物繊維をサプリなどで摂取
    • 脂肪分の摂りすぎ(動物性脂肪はほとんどが悪玉菌によって有害物質に)
    • 粉もの(小麦粉)を食べ過ぎ。パンやパスタ、うどん、菓子などを食べ過ぎると小腸壁にグルテンが付着し腸壁を破壊。吸収が衰え過剰な養分が大腸に届くようになってしまいます。また腸壁が無防備状態となり様々なアレルギーを引き起こすことも。

     

    上の項目は色々とありますが10項目すべて「腸内菌が短鎖脂肪酸を素早く作ることができない有機物」が過剰に届いてしまう原因となっております。

     

    硫化水素産生菌を増やしてはいけない!

    上記の10項目は未消化の粗大有機物が多量に大腸に届く原因でもあります。それは即ち「腸内菌が短鎖脂肪酸を素早く作ることができない有機物」が大腸に到達するということでもあります。
    硫化水素産生菌は4時間に1回の分裂速度であり、他の菌に比べると増殖スピードは非常に緩やか。
    ですが10項目の内1つでも習慣化すれば次第に大腸内で増えていき、全ての食べ物から硫化水素を産生するようになってしまいます。

     

    硫化水素産生菌は未消化の有機物に大量に保持されているHイオンから有害物質を産生します

    これはどういうことかと言うと、有機物(すべての食べ物)には結合力が極々弱いHイオン(水素)を保持しています。この水素イオンはしっかり噛み、しっかり分解されることでその多くは小腸から分泌されるアルカリ性の酵素(OH)と中和され水(H2O)となるのですが、消化器が弱っていたり、お腹いっぱいに食べたり、あるいは細胞壁が強固な青汁などを摂取することによって多量にHイオンを保持したまま大腸にとどくことになってしまいます。

     

    そうすると硫化水素産生菌はその水素イオンを利用し硫化水素をどんどん産生し始めるのです。
    硫化水素産生菌は
    ですが、腸内に「短鎖脂肪酸を素早く作ることができる多糖類」があれば、「短鎖脂肪酸を産生することが得意な細菌」がグンと増え、未消化の有機物からも短鎖脂肪酸を産生するようになります。大腸は短鎖脂肪酸をどんどん吸収しますので、結果、有機物のHイオンが激減し、硫化水素の発生を抑えることができます。

    硫化水素産生菌が増える原因についてはこちらでもっと詳しく解説しています

     

    「憎めない悪玉菌」も「根っからの悪玉菌」も増える原因は1つ


    さて、ここまでをおさらいすると、

    「憎めない悪玉菌」が有害物質を産生する原因は「食事に含まれた多糖類が少ないから」
    「根っからの悪玉菌」が増える原因は「水素イオンが多量に保持された食べ物が大腸に届くから」

     

    でしたね?

     

    2つの悪玉菌はそれぞれ増殖要因が違いますがどちらもたった一つの方法で改善すること出来ます

    「憎めない悪玉菌」と「根っからの悪玉菌」はそれぞれ別の解決法をとらなければいけないのか〜、と思われるかもしれません。
    ですが、どちらの悪玉菌もたったひとつの方法で改善することが出来ます。

     

    その改善方法とは「善玉菌と憎めない悪玉菌」の2種をグンと増やし、かつ短鎖脂肪酸を素早く産生することができる多糖類を摂取すれば改善できるのです。

     

     

    では具体的にどのような解決方法を講じれば良いのでしょう。
    便がヘドロ臭やドブ臭黒っぽい色になったら硫化水素が発生しているへ続く