善玉菌 効果

MENU

オリゴ糖,効かない,,比較,口コミ,レビュー,デメリット

 

ヨーグルトやオリゴ糖、水溶性食物繊維を摂取し続けていくと、便秘が改善するだけでなく
風邪やインフルエンザにもかからないってお話を聞いたことがあるかもしれません。

 

腸内細菌のバランスを整えることでこういったシステムによって、免疫力を向上させていたんですね。


免疫力活性化の7割は腸内細菌が貢献していた!

 

まず、病気にならないための体つくりとして欠かせないのは「免疫力」を高めるということは誰でも知っていますよね?

 

でも、免疫力の活性化の7割も腸内細菌が大きく貢献していることはあまり知られていません。

 

ここでは「腸内細菌と免疫力向上との関係」を説明するために、その前段階から解説していきます。

 

ヒトの身体が有害物質を取り込んだ時にどういったどうやって免疫力を高め、防御しているんでしょうね?

 

免疫って?(その種類とシステム)

免疫とはウイルスのような外敵が体内に入ってこようとしたときそれら異物を排除しようと体を守ることをいいます。
そして有害物質1つを取り除くために、免疫は1つのシステムだけでなく、たくさんの免疫という防御システムが働くんですね。
オリゴ糖,効かない,,比較,口コミ,レビュー,デメリット

  • 「自然免疫系」

この、外敵の多くは私たちの外側から侵入を試みます。
そこでまず、外側からの侵入を防いでくれるのが、皮膚や鼻、口にある粘膜です。
皮膚の場合だと、粘膜じゃなく、皮膚表面に住み着いている「常在菌」が侵入を防いでくれます。

 

もし、怪我などをし、何らかの原因で有害物質が体内へ侵入をしようとすると「白血球」が攻撃をし、体内深部への侵入を防ぎます。
このような防御システムを「自然免疫系」といいます。

 

オリゴ糖,効かない,,比較,口コミ,レビュー,デメリット

  • 「獲得免疫反応」ー(液性免疫)と(細胞性免疫)

でも、上記の「自然免疫系」のシステム、「白血球」の攻撃をかわした有害物質は
次にリンパ管に達しようとします。
すると今度はリンパ球が戦いを挑みます。
これが「獲得免疫反応」です。

 

この「獲得免疫反応」はさらに2つの種類があって、
1つ目は
「液性免疫」といい有害物質に対抗できる抗体をB細胞が作り出し、戦うシステムです。
抗体はB細胞で作られるんですね。しかも抗体がその病原菌や有害物質にぴったりと合うように、ヘルパーT細胞がB細胞へ指令を送り、
オーダーメイドしているんです。
ヘルパーT細胞君:「今、こんな型の病原菌が侵入しているから、B細胞君はこれに合う型の抗体をつくってくれ」
なんてね。
そうやって、つくられたのがIgA抗体(アイジーエイって言います。)だったり、IgE抗体(アイジーイー)っていう型の抗体なんですね。

 

そして、一度つくった抗体の型は、記録され、次に同じ病原菌が侵入してもすぐに対抗できる抗体が作られます。
すごいですね。

 

2つ目は
「細胞性免疫」といいキラーT細胞やNK(ナチュラルキラー)細胞が直接、戦うシステムを言います。
とくにNK細胞はリーダー的な存在で他のどんな細胞よりも素早く攻撃をしかけていきます。

 

免疫細胞の70%は腸内細菌が作っていた!!

 

実は、上記のNK細胞を含む免疫細胞の70%は腸内細菌によって作られています。

 

具体的には腸内細菌が免疫細胞を活性化する物質を作り出しているのです。

 

この免疫力は腸内細菌の種類、数が多いほど高まることが知られています。

 

さらに関連して、

 

小腸には回腸と呼ばれる部分がありますが、

 

ここには腸最大の免疫組織「パイエル板」が存在します。

 

このパイエル板はリンパ小節が集合した形で出来ていますが、そのもっとも外側に「M細胞」というものが存在しています。

 

この「M細胞」は病原菌をそのまま細胞内に摂りいれやっつけるのですが、この免疫細胞を活性化しているのも腸内細菌なんです。

 

これらのことが、「腸内環境が整えば、風邪やインフルエンザ、食中毒などかかりにくくなる」と言われる所以です。
(アレルギーやアトピーについては別途ページにて解説します)